ITパスポート試験に独学で合格した勉強法

カテゴリ: 試験スケジュール

4515105_s

ITパスポート試験にまつわる費用、私の場合は...

テキスト1冊 「いちばんやさしいITパスポート」購入 1,800円ほど
受験料 当時は5,700円
受験会場への交通費 700円ほど

だけでした。合計1万円以下です

受験会場は、iパスの公式HPから選択するので、自宅から近い場所も選べます。
空きがあれば。
土日はやはり多いので、早めの申し込みか、平日がおすすめ。

私は、受験が終わったら ぱあ~っと気分転換したかったので、デパートの近くで受験しました(笑)欲しかったケーキを買ってしまいました

資格の更新制度がないので、もう追加費用は発生しません。

自分で継続して知識をアップデートしなければいけませんね









  ↓ポチッとお願いします😊
にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ
にほんブログ村

2576765_s

過去の記事「ざっくりしたスケジュール」でも書きましたが、
試験の公式サイトの「疑似体験ソフト」を使って、過去問は10年分解きました。

10年という区切りに意味はなく、ただ私の「過去問は10年分」という古い価値観からです

できる人は2-3年分ぐらいで要領よく対策たてられるのかもしれません。

ドットコムの過去問道場で最初から絞るのも手ですが、私は、実際の試験時間内・進め方で何点取れるか知りたかったので、大変でしたが120分以内で過去問をせっせと進めていきました。

おかげで、本番も時間感覚がばっちりでした。

過去問のスコアは大体、総合点で:

67%ー75%ー70%ー76%ー80% とまあ、7割台をうろうろしていました。

最後は少し上向いたものの80%しかなく、Ver.4.0の最新用語あたりは過去問に登場してなかったので、どうなることかとひやひやした当日でした。




  ↓ポチッとお願いします😊
にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ
にほんブログ村

受験終了すると、その場で画面に結果(試験結果レポート)が表示されます。
そこではスコアを確認するだけですが、少し後にIPA(試験実施団体の情報処理推進機構)からメールが来るので、iパス試験のHPから利用者メニューにログインすると結果レポートが印刷可能になります。

私のスコアこちら ↓
IMG_0003 (8) - コピー小

Ver.4.0改訂辺りの用語は試験直前まで確認したのでわりと分かったのですが、それ以外が怪しかった部分があり、スコアに出てしまいました(言い訳)。

下部に合否の「判定」とあるのは、当日の表示スコアではまだ確定とされていないからです。

ITパスポート試験は、TOEFLなどに採用されているIRT(項目応答理論)というなんだか難しそうな試験理論で得点調整されているそうです。
ボーダーぎりぎりの600点の場合はもしや万が一~とひやひやしていたかも。

過去問で使いまわしが多いと言われているのは、IRT方式というのもあったのでしょうね。
でも最近は最新のテクノロジ系用語対策が必須となり、公開過去問を解くだけでは安心できなくなりましたが。

合格確定は、試験受けて翌月中旬頃HPで発表され、合格証書郵送はそれからまた1か月後。官報に載るのもその頃。
大臣の証書をもらうのは初めてです

なお、この試験結果レポートは、受験日から1年間ダウンロード可能だそうです。
また、スコアを聞く企業がたま~にあるようなので、印刷しておく方がいいです。
スコアを聞くって、本当に勉強したかどうか探るのですかね?

就活時、文系だとITオンチよりは「iパス」を持っている学生の方が安心されるのでは?

コンプライアンスが厳しい時代、企業秘密や個人情報の漏洩にはどこの会社も神経をとがらせているので、情報セキュリティ意識を持っているという面からも一定の評価は得られると思います。

ただ、時代に合ったIT知識を持っているかが重要かと思うので、日々ニュースなどで産業界の動向にアンテナを張っておくのが大事かなと思います。

そういう意味では、更新制度のないITパスポートという資格は、いつ取得したかもチェックされるのではないでしょうか。

英検取得が30年以上前という、もう履歴書に書けない私。
恥をかかないために、私もシラバスVer.5.0の範囲は今後チェックしていこうと思います。




 



  ↓ポチッとお願いします😊
にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ
にほんブログ村

テックアカデミー

4295615_s


ITパスポート試験はパソコン受験(CBT)でいつでも都合のいい日に受験できます。
そのせいか、家事と仕事の合間にやったりやらなかったりの日が最初の2か月
このままではいけないと思い、CBT会場に申し込んで試験日を1か月後に決め、やる気を出し、スケジュール立て直してスピード上げました。

結局、テキスト読み始めて3か月で合格しました
ざっくり100時間ほどでしょうか。


~1か月前まで:20時間ほど ぼちぼちテキストを読む、試験会場を予約(公式HPより)

~2週間前まで:+30時間ほど テキストの用語をインプットしながらやっと一読完了して過去問1回解き、自分のレベルを知る

~3日前まで:+40時間ほど 公式HPの過去問を10年分解き、選択肢のあやふやな単語を繰り返しインプット

~当日まで:+10時間ほど 試験室入室直前まで、Ver.4.0を中心にシラバスの用語をひたすらチェック


CBT方式は自分の都合に合わせられて便利ですが、もうちょっと勉強してから…と思っていると何か月もすぐ経ってしまいます。
とりあえず申し込んで入金したのが良かったです。やはり、お金を払うと、無駄にはできないとテンションが上がりました。





  ↓ポチッとお願いします😊
にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ
にほんブログ村

このページのトップヘ