job_technical_evangelist_tshirt_man

ITパスポート試験は「ITを利活用する者」「すべての社会人」が対象と区分されているので、私のようにタブレットやパソコンでネットショッピングや調べ物をするごく普通の人も十分入っています。

もう老若男女大半が何かしらネットにつながっている時代、やはり個人情報ネットワークセキュリティキー関連は過去問でも重点項目です。

ITパスポート試験は、現在はテクノロジ系の分野が出題の約半分を占めています

2021年4月からシラバス改訂版適用により、試験では数理・データサイエンス・AIが追加されます。
今回の改定については、公式HPで明示されているように、政府の戦略による「大学・高専のすべての学生がもつべき」リテラシーレベルのモデルカリキュラムに対応して、ITパスポート試験の出題の見直しを実施するのだとか。

HPを総合的に見ると、「デジタルトランスフォーメーション(DX)の取り組みの進展等に関する近年の技術動向や環境変化」も踏まえて、「新しい技術(AI・ビッグデータ・IoTなど)」「新しい手法(アジャイルなど)」の概要に関する知識をシラバスに加えた感じです。

最新のシラバスの、データ・AIの利活用といった範囲の用語を確実に理解するのが重要かと思いました。



  ↓ポチッとお願いします😊
にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ
にほんブログ村